この記事の所要時間: 1832


近年は、セックスフレンドを欲しがる女性も増えてきています。それはなぜかというと、男らしさとか、女らしさとか、そういう考え方が古いとされる時代に入ってきているからです。たとえば、浮気は男がするものだとか、男は泣いちゃいけないとか、女はおしとやかにしておくものだとか、男に黙って付き従っていくものだとか、そういう考えはもう古いというのは、多くの人が思うところでありましょう。これだけ男女平等が謳われている中で、また女性の社会進出や地位向上が推し進められている社会の中で、未だに男だから女だからと物を語っている人物は、はっきり言って時代遅れなのです。

さて、そういった固定化されたイメージから脱却を図るということは、それまで与えられていた性別別の「命令」から解き放たれるということでもあります。それまで、男だからこうしなくちゃいけない、女だからこうしなくちゃいけないと言われていたのが、すべて取り払われる。それはつまり建前抜きで話す、自分の本心に従って生きる人が増えるということでもあります。

ここでセックスについて見てみましょう。セックスが嫌いな女性は、果たして世の中にどれだけいるでしょうか。性のことに関して、自らの実体験から、良くないイメージを持っている人、その行為を嫌う人はもちろんいるでしょう。でもそれは少数であることには違いがありません。多くの女性は、セックスが大好きなのです。それはなぜかというと、気持ちがいいからです。女性器の感度は、男性器のおよそ7、8倍と聞いたことがあります。男性でさえセックスのときには心のとろけるような快楽を味わえるというのに、女性はその何倍も気持ちよくなることができるのです。しかもそれは一度ではありません。男性とは違い、快楽の最高潮を一度のセックスで何回も体感することができます。そんな気持ちのよいものを、嫌うわけがありません。

最近は、自分の本心に従って生きる人が増えつつあると書きました。セックスが好き、というのもその本心のひとつといえるでしょう。貞操観念とか、貞淑にするとか、そういったものは古い、気持ちいいものは気持ちいいのだから、やって何が悪い。そのような考えを持つ女性が増えてきているのも、間違いのないことなのです。それは現在、「ひとつの」出会い系サイトに何十万人という女性が登録していることからも明らかです。

結婚や恋愛に興味のない人も?

独り身の男性が増えてきたという統計があります。それはそれで確かな統計なのでしょうが、しかし独り身の男性が多いということは、その分だけ独り身の女性も多いということであります。もちろん全体的な数や比率といった面で簡単に比べられるものではないでしょうが、結婚しない男性が増えれば、結婚しない女性も少しずつ増えていくという構図には変わりがないでしょう。

それはさておき、では統計にあるような男性らはなぜ結婚しないのか。それは女性にモテないとか、したくてもできないとか、そういうことなのでしょうか。確かにその面もあるかもしれません。でも私は、それ以上に、お金や責任の面から、結婚を忌避している男性が多いのではないかと思います。結婚すれば、自分で稼いだお金を自分のためだけに使うことはできません。家庭を支えなければならないからです。また大きな責任も生じてきます。その家族を養いつづける義務が発生し、容易に離婚することは当然できません。また、結婚したパートナーと一生をともにする覚悟も必要です。

かといって、非情なもので、たとえばその男性が失業したりすれば、簡単に離婚されてしまうんですよね。このように結婚には男性にとって不利なことが多いわけです。そんな面倒な、しかも自分の権利を保障してもらえない制度で誰かと結びついて、いったいなんの得があるのか。いったいどこにメリットがあるのか。そのように考えて結婚しないことを選ぶ男性はかなり多いはずです。

私は仕事柄、未婚男性と話す機会が多いのですが、一般企業に勤めていて、見た目も普通かそれ以上で、収入も充分にある彼らが口を揃えて言うのは「結婚にはメリットがない」ということです。あるとすればそれは精神的なものであって、長くは保証されない不確かなものである、と言う人もいます。「正直セフレのほうが楽。結婚よりも、恋愛よりも」と言う人もいますね。私もその通りだと思います。

そのような合理主義的な考えが広まっているからこそ、結婚を敬遠する男性が増加傾向にあるのではないでしょうか。これまでは結婚といえばひとつのゴールのような位置づけであったのだと思います。でも、そのメリット、デメリットを冷静に観察できる現代人たちによって、結婚は、少しずつ意義のないものとして再認識されはじめているといえるのです。

それでは女性のほうはどうでしょうか。結婚をするメリットはあるでしょうか?はい、あります。しかもかなり大きいメリットがあります。結婚をすれば、自分で働かなくて済みます。会社の仕事より家事のほうが大変などというのは戯言です。それに夫のいぬ間に彼氏と遊ぶこともできます。仕事によって時間を制限されない彼女らにとって、バレずに不倫をするのは簡単なことです。そしてもし夫が仕事を失えば、別の男に鞍替えをすればいいだけ。人生イージーモードです。

ただ、まったくデメリットがないかというと、そうではありません。ただ結婚して楽して生きたいというのでなければ、女性視点に立ったとしても、結婚にはデメリットらしきものが見えてきます。たとえば、仕事のことがあります。自らの生活費を自らの手で稼ぎ、自分の足で人生を歩んでいきたいと意欲する聡明な女性らは、結婚によって仕事を奪われることを嫌います。出産や育児によって会社を休んだり、仕事を続けられなくなったり、それに関連してパワーハラスメントを受けたり。そういうのを嫌う女性は当然多いことでしょう。

それに結婚によって様々な制約が生まれるのも気に入りません。会社の人と付き合いで夜遅くまで飲みに行く。時には朝帰りをする。これを平気で許容する夫がどれだけいるでしょうか。また結婚して同じ家に住んでいる以上は、ひとりになれる時間はほとんどありません。それに、自分がそんな気分じゃない日でも、夫婦生活を円満に運ぶために、セックスに付き合う場面も出てくるはずです。

働く女性の思考方法は、男性と通ずるものがあります。自分が支払う代償と、それによって得られるものを比較し、どちらに天秤が傾くか考えてみるのです。すると、案外結婚にはデメリットのほうが多いことがわかります。メリットと言えば、「今現在は」愛している男性と一緒にいられること、ただそれだけです。誰かの体にしがみついて寄生的かつ堕落的な生き方をするのではなく、男性との関係や仕事も含めて、人生のすべてを、誰に左右されることもなく謳歌したい。そのように思う自立的な女性にとっては、やはり結婚にはデメリットが多いのです。だって誰にでもできるような仕事=家事をしてだらだら過ごすのでは、彼女らは満足できないのですから。

このような理由から、結婚を忌避するとまではいかないまでも、慎重になる女性は多いのです。そういう人が増加するのは、男女平等の社会が構築されつつある現在において当然のことでありましょう。

それでは恋愛はどうでしょうか。恋愛も結婚ほどではありませんが、デメリットはあります。その相手のことを好きでいるうちはいいかもしれませんが、相手への気持ちが冷めてしまったとき、その関係は重荷でしかありませんし、失恋すれば、その悲しみは仕事にも影響するかもしれません。ある程度時間は拘束され、浮気を疑われるような外出の仕方はできなくなります。

そこでセフレなんですよね。セフレは、恋愛関係ではありませんから、束縛がありません。会いたいときに会って、セックスをして、すっきりして別れる。それだけの楽な関係です。今までは、セックスフレンドというものは、悪しき関係性とされてきたかもしれません。また女性は、自らの貞操を守るという古い慣わしに従って、それを拒んできたところもあると思います。しかし最初に述べたように、そのような、男だから、女だからという考えは古くなりつつあります。女性だってセックスは好きなのです。その本心に従って、恋愛をするよりも、結婚するよりも楽で自由なセフレというものを欲しがる女性、これが最近は増えてきているんですね。

男性にとっても、女性にとっても、恋愛や結婚は面倒なものでしかなくなりつつあるといえるでしょう。だからこそ、セックスフレンドを求める男女は現代に非常に多いのです。

女性はどうして下ネタを嫌う?

じゃあ、セックスが大好きで、セフレを欲しがる女性は多いのに、どうして女性には下ネタを嫌う人が多いのでしょうか。女性の前で下ネタを披露して、盛大に引かれた経験のある方も少なくないと思います。それはもしかすると、本当に下ネタが嫌いだったのかもしれませんし、セックスが嫌いだったのかもしれません。もしくは結婚や恋愛というものの幻想を信じる素朴な少女のような人だったのかもしれません。そういう女性が周りに多いということは、セフレが欲しいという人は少数派なのではないか。そのように思う方もいるかもしれません。でも、それは誤りです。

女性が下ネタを嫌うのは、ただ気持ち悪いから、男がそういうことを言っている場面を見たくないからだと思います。たとえば、女性が下ネタを言っている場面に立ち会ったとき、あなたはどう思うでしょうか。「フェラって顎疲れんだよねー」とか「最近ヤりまくってるわ」とか「チンコ入れてほしいわー」とか言ってたら、なんとなく不快な気分になりませんか? それと同じです。なので、女性だけが特別下ネタを嫌っているわけではないのです。セフレを欲しがる人が多いか少ないかには関係のないことです。女はこうであってほしいとか、男はこうあってほしいとか、人それぞれに願望(好み)はあります。多くの人に共通する集合的な事柄として、下の話題を平気でするような人ではあってほしくないというのがあるだけです。

私なんかは同性でも、堂々とセックスや何かの話題を出す人は嫌ですよ。特に私とも面識のある女性との性生活を明かす友人には辟易させられました。それと同じ感覚だと思います。だからといって私がセックスが嫌いか、セフレは要らないと考えているかというと、それはまったく違うのです。

好きな人としかセックスできない?


また、女性の中には好きな人としかセックスしたくないと言う人もいます。そういう人が周りにいると、女ってそういう生き物なんだなぁと思ってしまうかもしれませんが、それは彼女らが「冷静でいるとき」はそうであるというだけの話ですし、そもそも嘘の場合も往々にしてあります。変なことを言って浮いてしまうのは嫌なので、これまでの社会常識とか、女はこうあるべきといったイメージに従って発言している場合も多いのです。

たとえば、冷静さのことで言えば、酔っ払ったときはどうでしょうか。あるいはセックスフレンドになってくれたらお金をあげると言われたらどうでしょうか。なぜか無性にムラムラしてきてそれが我慢できないほどだったらどうでしょうか。会社や学校での成績、地位の向上を約束すると言われたらどうでしょうか。間違いなく、好きな人でなくともセックスすることでしょう。

彼女らの言う、「好きな人じゃないと――」というのはそれくらい脆弱な、ただの感情論、建前論であって、実際的には女だって誰とでもセックスするのです。生理的な嫌悪を催すほどのルックスの男性とはさすがにしないかもしれませんけれど、二人きりになって、ちょっといい雰囲気になって、エッチしてもいいかなーなんて思えば、付き合っていようといまいとセックスします。好きであろうとなかろうと関係ありません。もしくは、彼女らが言っているのは、その程度の「好き」なのかもしれませんね。

私の周りにも、「好きな男の人としかエッチしたくない」と言っているそれはそれは可愛らしい女性がおりました。しかしあるとき、彼女は私に相談してきたんです。彼氏(私の親友)に振られてしまった、なんとかヨリを戻したいので仲をとりもってくれないか、と。なぜ振られたのか訊けば、浮気をしてしまったからだそう。しかも一人じゃありません。この7、8ヶ月の間に3人の男性と、エッチなことをしてしまった。そのことが携帯電話を見られてバレた、というのです。

無理だろ、と伝えましたね。だって私の親友は、彼女の「好きな人としか――」とか言っちゃうような純粋さに惚れたのでしょうから。言葉を鵜呑みにしてしまった彼は今、騙されたという感覚が強いだろうから、ヨリを戻すのは不可能だと言いました。事実その二人が再びくっつくことはありませんでしたね。女性の言葉を額面どおりに受け取った彼氏のほうにも悪い部分はあったかもしれません。女性の言う女性らしい(ように聞こえる)発言は建前と受け取ったほうがいいのです。

私自身、セックスは恋人としかできないなどと言っている女性とセフレになったことは何度もあります。リアルの女友達とそういう関係になったこともあれば、出会い系サイトで知り合った女性が相手だったこともあります。彼女らは私とセックスをするまでは、建前を口にしていましたが、長いこと二人きりになったり、酔っ払ってエッチな気分になったりしたときに、本音の部分が現れました。中には彼氏持ちの子もいましたね。もちろんセックス大好きと公言している女性と関係を持ったことも一度や二度ではありませんが。

出会えない人もいる!?ヤれる人を探し出す方法も併せてご一読ください。

友達募集の子を狙うのもあり?

以上見てきたように、結婚や恋愛のデメリットを考え、本心に従って生きる女性が増えてきたこと、口でなんと言っていようともセックスが好きで、きっかけさえあれば関係を持つ女性も少なくはないことから、最近はセフレを欲しがる女性も、昔に比べれば相当に増えてきたと結論付けることができます。周りにいるどんな女性も、セフレにできるチャンスはあるのです。

一度セックスをすれば、それは会うたびのお約束的な行為になります。過去に関係を持ったという事実は消えないので、以後断る理由がなくなるからです。セフレを作るには、セフレが欲しいと言っている女性にアプローチをするのもそうですが、何よりも、その女性の本音を引き出せるような状況に持っていくことが重要なのです。それは先ほど言ったように、長い時間ふたりきりでいるとか、お酒を飲みに行くとか、そういうことですね。あとは、あなたという人間が、相手の好みに合致していれば、セックスすることはできるのです。

ですから、セックスフレンドを探す手段として一般的な出会い系サイトを使うときには、友達募集をしている子を狙うのもひとつの手だといえます。セックスをすると明確に約束せずに会うのでも、本音のところは彼女らも、セックス=気持ちのよいことが好きなので、気に入った男ならば体を許すのは当たり前のことなのですから。

セックスフレンドが欲しいと声を大にして言っている女性を狙うとライバルが多いのですが、友達募集をしている子のもとには、それほど多くのメールは届きませんので、狙い目です。みなさんも、出会い系サイトを使うときには、セフレ募集の子を狙うのと合わせて、友達募集の子を狙ってみてはいかがでしょうか。どんな女性も、セフレにできるチャンスと可能性はあります。ぜひ、試してみてくださいね。

せふれからの恋愛はうまくいくのか

せふれとして付き合いだしたのであっても、体を重ねるうちに相手のことを好きになってしまうことはあると思います。私も以前お付き合いしていた銀行員の方は本気で好きになりかけました。せふれというのは、本質的に恋人とはまったくの別物と言えますが、しかしやっていることは恋人と変わらないので、相手に情が移ってしまうこともあるのです。それは男女ともに同じです。

それでは、せふれをもし好きになってしまったらどうすればよいのでしょうか?結論から言ってしまうと、告白をせずに気持ちをしまいこんだほうがいいですね。それは何故かというと、せふれからの恋愛はうまくいく可能性がきわめて低いからです。

せふれを持つ人は、どうしてセックスフレンドを作ろうと思うのでしょうか。それは少なからず、恋愛というものを面倒だと感じているからです。セックスだけ楽しめる相手がいればいい、そのように考えているからこそせふれを作るわけですね。ときたま恋人がいるのにも関わらずせふれを作る人を見かけますが、そういう人はむしろ恋人が「保険」なのであって、彼や彼女はセックスを楽しめればそれでいいと考えていることが多いのです。

あなたがせふれに告白したとしても、それは彼女の嫌う「面倒くさい関係」になることを申し出ているわけですから、断られる可能性はきわめて高いと言えるでしょう。そしてよくないことに、一度告白をしてしまうと、そして振られてしまうと、その関係性はそこで終わることとなってしまいます。それ以上付き合うのは面倒だし「重い」からです。せふれを失えば、またいちから、相手を探さなくてはいけません。男性にとってそれがいかに難しく大変なことかは、みなさんすでにご存知の通りだと思います。

そんなもったいないことをするくらいなら、せふれで性欲を満たす傍ら、機会があれば恋愛をするというふうにしたほうがいいですね。それに、振られる可能性が高いのです、自ら傷つきにいくこともないでしょう(関連記事はコチラ)。

付き合ったとしてもうまくいかない?

理屈は頭ではわかっていても、どうしても我慢できない。そういう方は告白するとよいと思います。なぜなら、その状態ではせふれとのセックスを思い切り楽しんでいるとは言えないからです。おそらく、その人が好きで、告白すべきか本気で悩んでいる人は、その人とのセックスがむしろ苦痛なのではないかと思います。確かに性的な快感は得られますが、精神面では、彼女を自分だけのものにしたいという思いと、そうはいかない現実への思いとがぶつかりあって、苦しいばかりなのではないでしょうか。

それだと、恋人とするセックスよりも興奮度は低いでしょうし、毎回苦しい思いをするわけですから、せっかくのせふれの意味もなくなってしまいます。したがって、どうしても我慢できないときには、玉砕覚悟で告白するのがよいでしょう。もしかしたら彼女も同じ気持ちでいるかもしれませんしね。

ただし、もしせふれから恋人として付き合うことになれば、それには相当の覚悟と忍耐が必要となります。それは何故かというと、お互いに、せふれを作るような人間であることを知っているからです。自分も、相手も、好きでもない人と平気でセックスをする人間であるわけですよね。恋人というのは信用によって成り立つ部分が大きいわけですが、せふれからの恋愛では、不信感に繋がる要素を互いにすでに持ち合わせているので、円満な交際を続けるというのは難しいんですね。

たとえば、その女性にあなたのほかに絶対にせふれがいないと言い切れるでしょうか。あなたが忙しくて会えない期間が続いたとき、彼女がそれらのせふれと会っていないと心から信用することはできるでしょうか。その他にも、何故か連絡が取れないとき、彼女が旅行に出かけると言い出したとき、友達と深夜まで酒を飲んでいたことを知ったとき、果たして彼女が浮気をしていないと、信じることができるでしょうか。

私だったら無理ですね。せふれから交際し始めた女性が、「泊まりで遊んでくる」なんて言おうものなら、今すぐ別れてやると思います。自分以外の男と遊んでいないという保証はどこにもありませんし、そもそも彼女が「好きでもない男と平気で寝る女」「せふれを作る女」だというのを知っているからです。それは彼女のほうも同じです。あなたにすこし疑わしい点があれば、浮気ではないかと考えることでしょう。そして不安感から、つい昔のせふれと会ってセックスしてしまうということもあるかもしれません。このように、せふれを経て恋人になったとしても、その関係はうまくいかない、長続きしない可能性が高いのです。

本気の交際を続けていきたければ……

もしあなたが、その女性と本気の交際を続けていきたいのであれば、彼女と相談のうえ、お互いに不安にさせるようなことをしないと約束し、それを守るよう努力することが重要です。そうするには向こうもあなたのことを愛していることが条件となります。向こうはあなたのことをなんとも思っていないのに、「今日からこれが二人の約束ね」なんて言っても、なに言ってんだこいつと思われて終いですからね。

まずはお互いの気持ちを確認し、そうしてから約束事を作ります。その際には、あなたのほうが、まず行動で見せなくてはなりません。彼女の目の前で女性の連絡先を消すとか、出かけるときには必ず連絡する、夜遅くまで出歩かずに、女性とは二人きりにならないようにする。なんならGPSで自分の居場所を知れるようにしてもらうのもいいかもしれません。

ただしそれは相手にも強制するのではなく、あくまで、あなたが自発的にしたものとすることです。俺はこれだけ君のことを愛しているし、不安にさせないためにこれだけのことをしようと思っている、だからできれば君も、俺を不安にさせるようなことはしないでね、とお願いするんですね。そうすると相手も、あなたの行動や気持ちに応えたいと思うはずです。自発的に、あなたを不安にさせる行動は慎むようになるはずです。そのようにしてお互いに少しずつ信頼関係を築いていき、それを継続させていくことができれば、せふれからの恋愛ももしかしたらうまくいくかもしれません。

たとえば会社の人と付き合いで飲みに行かなければならないとか、上司に食事に誘われたとか、色々と問題は生じてくることと思います。そういった問題に直面したときに、二人で相談しあい、お互い納得のいく方法で不安を解消していくことが重要です。話す、話し合うというのを意識して、付き合いを続けていってください。

セフレの作り方最新情報→SEXアプリ


投稿日:2015年11月6日 更新日:

Copyright© セフれの作り方と今年話題のセフレアプリ 口コミ検証 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.